レインボートラベル
航空券・ホテルの手配から書類作成まで…業務渡航のポータルサイト
このサイトは、プライバシー保護のためThawte Degital Certificateを使用しております。これによりお客様がWorld Wide Webを通じて我々に送られる全ての情報は暗号化され、 改竄・漏洩することが無いことを保証いたします。

 

 

旅のまめ知識

フライトクーポン まめ知識
航空券には何枚のクーポンがあるの ?
現在国際航空券で主流となっているのは、表面がライトグリーンの厚手の紙のもの。1冊の航空券は利用するフライトの数に応じて1枚から4枚のフライトクーポンから成り立っていて、5フライト以上を利用する場合は2冊目に続きます。4枚のフライトクーポンの後、5枚目はパッセンジャークーポンと呼ばれる控えのクーポンで、旅程と航空券の全内容が記載されています。また、フライトクーポンと同じくらい大切なのがチケットカバー。ここには、航空券や航空約款についての大事な条項が書かれています。

どうやって内容を読むの?
上記の国際航空券を例にとって、その券面上に何が記載されているのかを、主なものを上から順にご案内します。航空券をご覧になりながらお読みください。

◆ 発券航空会社(ISSUED BY)
航空券発券会社および日付(ISS.AGT ID./PLACE OF ISSUE)。どこでいつ航空券が発行されたかが書かれています。

◆ 氏名(NAME OF PASSENGER, NOT TRANSFERABLE)
搭乗者の氏名が名字/名前の順で、ローマ字で記載されています。航空券の氏名はパスポート上のそれと一致している必要があります。また、航空券を他の方に譲ること(=氏名の変更)はできません。

◆ 搭乗区間(FROM/TO)
氏名欄の下には、フライトの搭乗区間が記載されます。

◆ 便名・クラス・出発日・時刻・予約状況
(CARRIER/FLIGHT、CLASS/DATE、TIME、RES)
区間欄の右側には便名が表示されています。最初のアルファベット2文字はエアラインコード(ルフトハンザではLH)、そのあとの数字が便名です。その右はクラスコード。予約上のクラスは料金により何段階にも分かれていて、主なものとしては、ファーストクラスはF、ビジネスはC、エコノミーはクラスはB、H、M、Yなどがあります。その右には出発日と出発時刻が、さらにその右には予約状況(確定ならOK、空席待ちの場合はRQ)が表示されます。

◆ 特記事項(ENDORSEMENTS/RESTRICTIONS)
ここには航空券に関する制約や特記事項が記載されます。
VALID ON LH OPERATED FLIGHTS ONLY(ルフトハンザ運航便のみ利用可)
CHANGE OF RESERVATION RESTRICTED(予約変更に際して条件あり)
NOT ENDORSABLE(他社便に振替不可)
NO REFUND(払い戻し不可)

◆ 予約番号(PNR CODE)
ルフトハンザの予約システムでは数字とアルファベットからなる6ケタの予約番号を使用しています。予約変更などの際はこの番号を覚えておくと便利です。

◆ 料金計算(FARE CALUCULATION)
ここには料金に関する情報が略号によって記されています。

◆ 料金(FARE、TAX/FEE/CHARGE、TOTAL)
クーポン左下の欄には出発地の通貨建て料金(日本円はJPY)が、運賃そのものはFARE欄に、空港税金はTAX欄に分けて表示されます。一番下のTOTALが税金込みの金額ですが、割引運賃によっては料金が表示されない場合もあります。

◆ 荷物の制限(ALLOW)
料金欄の右、クーポンの真ん中あたりには、無料でお預けいただける手荷物重量が記載されます。例えば「20K」とあれば最高20kgまで無料です。

◆ 航空券番号(DOCUMENT NUMBER)
クーポンの一番下に記載されている航空券番号は、発行した航空券の通し番号です。航空会社ごとに最初の3桁のコードが決められていて、ルフトハンザのコードは220となっています。

◆ 空港・都市コード
最後にご紹介するのは、航空券でよく使用される空港および都市コード。
手荷物を預ける際につけるタグにも使われているので、知っておくと便利です。

成田(NRT)、羽田(HND)、関西(KIX)、名古屋(NGO)、フランクフルト(FRA)、ベルリン・テーゲル(TXL)、ハンブルク(HAM)、ミュンヘン(MUC)、パリ・シャルル・ド・ゴール(CDG)、ロンドン・ヒースロー (LHR)、ロンドン・ガトウィック(LGW)、チューリヒ(ZRH)、アムステルダム(AMS)、コペンハーゲン(CPH)、ローマ・フィウミチーノ(FCO)、ミラノ・リナーテ(LIN)、ミラノ・マルペンサ(MXP)などなど。
 
旅のまめ知識TOP
ホームへ戻る